2021年最先端BOツール「Benefit」について

バイナリーで1000万円達成までの資金管理とエントリー額を公開

この記事は約8分で読めます

バイナリーオプションは資金効率が良く、少額でも十分に増やしていけることが見込めるとされています。1回あたりのエントリーが全体資金の10%を超えることも珍しくありません。そのため、バイナリーオプションではどんな手法を使うかよりもどんな資金管理を行うかの方が重要です。正しい資金管理(リスク管理)を身につけることで、ドローダウン(破産)の確率がぐっと減り、将来的に大きな資産を築くことができます。

サイキックス
サイキックス

今回は私が過去に行っていたバイナリーオプションの聖杯」とも言える資金管理法を洗いざらい公開します。

バイナリー鉄板資産管理法

バイナリーオプションにおける資金管理の聖杯

バイナリーの資金管理方法3つ
  1. 1回あたりのエントリー額は最大でも全体資金の5%を上限とする
  2. 目標金額を設けて、一定金額まで同額でエントリーし続ける
  3. 目標金額を達成したらエントリー額を増やす

「バイナリーオプションには短期的に連勝、または連敗しやすい性質」が存在します。
バックテストを取っている中で、勝率50%以下の手法が10連勝することもザラにあれば、60%の手法なのに連敗することも多々あります。もちろん年単位、月単位と長期的に見れば、確率は収縮していきますが小さい取引回数の範囲で見ると連敗と連勝を繰り返しています。

バイナリーオプションで連勝、連敗が起こりやすい理由としては、突然スプレッドが1日中通常より拡大している日があったり、相場環境の原因であったりいろんな要因があると思っています。

この連続性を応用したのが「単利×複利」の資金戦略です。

具体的な資金管理の戦略としては一定の目標額を設け、そこまではひたすら単利で回していく。そこに到達したら複利的にエントリー額をあげるというシンプルな方法です。

単利×複利の戦略を使った資金管理の具体例
  • 目標金額を20万円に設定。20万円達成まではひたすら5000円エントリーを行う
  • 20万まで資金が増えたら、目標額と1回あたりのエントリー額を再度設定し直す。目標金額40万円に対し、1回のあたりのエントリー額を1万円に設定。
  • 40万円達成まではひたすら1万円エントリーを行う

サイキックス
サイキックス

もう5年以上バイナリーオプションをやっていて「勝っている時は勝ちが続きやすい」「負けている時は沼にはまり負け続けやすい」という特性がどんな手法を使った場合にもあると感じています。

1. 1回あたりのエントリー額は最大でも全体資金の5%を上限とする

お好みで1回あたりのエントリー額を設定します。

このとき必ず1回あたりのエントリー額は全体資金(バイナリー口座に入っている資金、もしくは口座に資金が少ない場合でもバイナリーにかける予定の全体額)に対して5%以下を設定してください。

先ほどバイナリーオプションには「バイナリーオプションには短期的に連勝、または連敗しやすい性質がある」と申し上げたとおり、勝率が高い手法でも連敗をしてしまうことはゆうにあり得ます。例えば、全体資金に対しての1回のエントリー額を20%にしてしまうと、最大で5連敗しかできず、連敗しなかった場合でも負け数が勝ち数よりも5回上回った時点で口座資金を全て溶かしてしまい、退場となるからです。

2. 目標金額を設けて、一定金額まで同額でエントリーし続け

次にいくらまで増やしたいかの目標金額を設定し、目標金額まで先ほど決めたエントリー額での同額エントリーを行い続けます。

目標額の設定方法としては、勝ち数から負け数を差し引いた時に、20勝くらいで達成できる金額を設定します。

3.目標金額を達成したらエントリー額を増やす

先ほど設定した目標金額を達成したら、再度次の目標金額を設定し、目標金額に応じて賭け金を設定します。
このとき再設定するときの金額も「20勝くらいで達成できる金額」を設定します。

応用: 1取引あたり100万を超える場合の資産管理法

バイナリーオプションで1取引あたり100万超える額をエントリーする場合、容赦無くエントリーしまくってください。ハイローでの1エントリーあたりの最大額は20万円ですが、20万円エントリーだと極端に凍結されやすくなるため、10万円での連打エントリー戦略を取ることがセオリーになります。

10万円で連打を行おうとすると約定拒否もされやすく、「10クリックしても2ポジ分しか約定されない」とかがざらにあります。1取引あたり100万円以上エントリーを行う以上、勝っても負けても手法自体に優位性がある期待値が高い手法なのは間違いないですから、とにかく「ひたすら連打して短時間でポジションをねじ込む」という戦略を推奨いたします。

おすすめしないバイナリー資産管理法

ひたすら同じ額でエントリーを続ける資産管理法

「5000円を固定額として設定して、どんなに勝っても負けても5000円エントリーを続けていく」といったひたすら単利で回していく資金管理法はあまり推奨しません。投資は足し算ではなく掛け算で増えていくものであり、単利でのエントリーでは、バイナリーオプション最大の強みである少額からでも口座凍結が狙える「資金効率の良さ」が消えてしまうからです。

サイキック
サイキック

「ひたすら単利エントリー」の場合、資産が一気に溶けてしまうということは防げますが、逆に資産を一気に増やすということができないため、バイナリーオプションではおすすめしません。

ひたすら複利でエントリーを続ける資産管理法

「常に資金量に対して10%でエントリーする」といったひたすら複利で回していく資金管理法はあまり推奨しません。複利を活用した資金管理というのは、増える時も早いですが、連敗した時にドローダウンをくらいやすい傾向があるからです。

サイキックス
サイキックス

「期間ごとに単利で区切ってあげる」ことで大きなドローダウンを減らしつつ、ちゃんとお金が増えるよう複利の要素も加えてあげる「単利×複利」の資金管理が一番いいとこ取りの資金管理だと考えています。

月ごとに最大負け額を設ける

よく「最大負け額を設けましょう」と、色んなバイナリーオプションやFXの資金管理についてまとめられたサイトで拝見しますが、個人的には「最大負け額」を期間ごとに区切って設定するのはあまり意味がないと考えています。

なぜならどんなに事前に最大負け額を設けても、手法を変えずに、勝てない手法(期待値が低い手法)を使い続ける限り、お金は減り続けるからです。

手法の優位性が事前に把握した上で、試験的運用として「最大負け額」を設けるのには意味がありますが、単に期間を区切って最大負け額を設けても何も意味がありません。

元も子もない話ですが、手法を使い続けて思ったよりもお金が減ってしまったのは、資金管理ではなく手法自体に問題があるのであって、お金が減る期待値が低い手法を使うのをやめて、お金が増える可能性が高い手法を使いましょう。

サイキックス
サイキックス

「最大負け額を設けましょう」というのは、勝てない人が負け額を減らすために使う、ある種の言い訳的なものだと考えています。

マーチンゲール法、逆マーチンゲール法、タランベール法

マーチンゲール法、逆マーチンゲール法、タランベール法は推奨しません。

サイキックス
サイキックス

マーチンの仕組みについては過去記事で詳しく解説しています。

【破産】マーチンゲールとは?勝率上がる?危険性を解説【バイナリー資金管理】

1エントリーあたりのエントリー額は?【勝率60%でも破産】

エントリーあたりの適切なベット額

サイキックス
サイキックス

バイナリーオプションの適切なエントリー額は「バイナリー口座に入っている資金に対し5%以下」が一律で適正額だと考えてます。

これはあなたがバイナリー口座に入れている額が小額(数万円程度)であってもです。

先ほども申し上げましたが、10連敗というのはたとえ勝率60%の手法でも稀に起こる話であり、手法は期待値がプラスになる手法であるのに、資金管理が原因でドローダウン(バイナリー口座の資金が尽きてしまう)ということが多々あるからです。過去に勝率55%のシグナルツールのバックテストで最大23敗連続負けというのを見たことあります。

5%以下でも構いませんが、資金効率が悪くなります。1エントリーあたりが全体の資産の20分の1でドローダウンしてしまうようであれば「手法に問題があったり、時代の変化に適応できていない」と考えた方が良いでしょう。

5%というのは、人によっては控えめと感じる方もいるでしょうし、逆にFXなどを普段やられている方からすると多いのではと考える方もいるでしょうが、この5%というのは「ドローダウンはしにくいが、資金効率よく運用ができる」ベストな額だと思っています。

バイナリー適切な出金のタイミング

現在のハイローの業者事情として「凍結するまで出金しないのが理想」ではありますが、

全員が全員「1エントリー100万円の重み」に耐えられるわけではありません。

10万円を100万にすると、100万円を1000万にするのでは、難易度が違います。

その場合は出金チェックシートを見て、あなたの状況と目標に合わせて最適な出金額を変えていきましょう。

【知らなきゃヤバイ】ハイローの口座凍結される理由4選&2021年最新事情

まとめ【序盤の資金管理を徹底せよ】

サイキックス
サイキックス

序盤の資金管理戦略によって今後トレード収益をどこまで伸ばせるのかが決まります。

FXでもバイナリーでも数年に1回は大きく取れるビックチャンスが来ます。

その時に正しい資金管理を常日頃から行っていて十分な余力を持った上でチャンスを掴むのと、ギリギリの資金で目一杯のエントリーをしてしまうのでは、大きく差が生まれるでしょう

手法は人それぞれで数億どころじゃない数存在します。
一方資金管理の方法というのは数パターンしかなく、バイナリー初心者であろうが、上級者であろうが明日から誰にでも真似して、正しい資金管理ができるのに「多くのトレーダーがなんとなくで決めている」という現状があります。

いますぐに間違った資金管理をやめてお金を減らすのをやめましょう

4 COMMENTS

引地

はじめまして。
記事に記載の通り、口座残高5%から始めようと思っていますが、10万円から1,000万円までするのにどのくらいの期間が必要でしょうか?

返信する
サイキックス

勝率、エントリー数に大きく依存するので一律の期間はないですが、
私の肌感としては3ヶ月が一つの目安(1日4回エントリー、月に20日稼働、3ヶ月で240回)だと捉えています。
ただ1000万だと業者によって凍結が先にかかる可能性もあると思います。

資金額10万円でスタートしたとして、その5%である5000円(単利固定)でエントリーし続けた場合
ハイローの15分足取引ペイアウト率である1.85、
勝率70%で240回取引すると将来的な残高(理論値)は45万4000円にしかなりませんが、
上記のような資金管理を行うことで、資金効率を高めることが可能なので、頑張ってみてください。応援しております。

返信する
慎さん

ご回答ありがとうございました。
サイキックさんは1,000万円にした時はいくらから始めたのでしょうか?
また資金管理で、1週間毎に口座金額の5%で運用しようと思うのですが厳しいと思われますでしょうか?
ご指導お願いします。

返信する
サイキックス

私自身は基本100万単位で入金して始めることが多いですね。
3ヶ月といったのは初期費用数十万円を想定してお伝えしております。
「1週間毎に口座金額の5%」は大きくドローダウンしやすい手法でなければ問題ないと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA