2021年最先端BOツール「Benefit」について

【知らなきゃヤバイ】ハイローの口座凍結される理由4選&2021年最新事情

この記事は約10分で読めます

バイナリーオプション業者ハイローオーストラリア(HighLow)で取引を行い、一定以上の利益を出すと口座凍結と呼ばれる取引制限にかかります。凍結については、ネット上で様々な情報が溢れていますが、実際に利益を出して凍結された方は少ないことから、どれも眉唾ものが多く、どの情報を信じれば良いのか難しい状態になっています。

サイキックス
サイキックス

今回は、凍結された100口座以上のデータを元に「2021年何をされたら凍結されやすいのか」ランキングを公開し、実際に凍結されたら届くメールの全文公開いたします。

バイナリーの口座凍結とは

ハイローにおける口座凍結

サイキックス
サイキックス

ハイローは「一定の基準額」以上の利益を出すと利益を出し口座凍結(取引制限)されます。これが一般的に口座凍結と呼ばれているものです。

バイナリーの口座凍結とは

口座凍結とは、利益額が「一定の基準」を満たすと「1回の取引あたり5000円以下のエントリーしか出来なくなること」を指します。
ログイン自体は問題なくでき、入金や出金は通常通り可能です

凍結には2種類存在する

サイキックス
サイキックス

ただ厳密にいうと、凍結には「エントリー制限型の凍結」「強制口座解約型の凍結」の2種類が存在します

口座凍結の種類

取引額制限型の凍結…出金は問題なくでき、エントリーも一定額以下であれば行うことができる
強制口座解約型の凍結….強制的に口座残高を出金され、2度とハイローにログインできなくなる

サイキックス
サイキックス

私は自動売買ツールの開発過程で
何度か「強制解約型の凍結」をくらったことがあります。

バイナリーでいくら稼ぐと凍結されるのか

サイキックス
サイキックス

基準額は頻繁に変更されます。2021年2月現在では「600万程度」で凍結されることが多いです。

年々凍結の基準額はが下がってきています。凍結後の出金に関しては、現在はアービトラージやシステムの意表をついたキワモノ系のロジックをやらない限り、2019年において出金を全て確認できています。

ハイロー凍結基準額遍歴

2018年 1000万〜1500万
2019年 800万程度
2020年 600万〜700万程度
2021年 500万〜650万程度

(※それなりに取引実績があるアカウントの場合、作りたてのアカウントは早めに凍結されやすい、サイキックス調べ)

凍結の基準は「純利益」と「取引履歴」で変動する

サイキックス
サイキックス

上記の基準額は目安であり、これまでの取引履歴によって凍結学は前後します。

例えば、基準額が600万円でも利益を上げる前の段階で、200万円負けていた場合、800万プラス(口座で出したトータルの純利益が基準額)になった時点で凍結されることが多いです。

要は凍結するかしないかの基準はこれから「業者にどれだけお金を落としてくれるか」(=これからどれだけ負けそうか)で決まると考えています。

バイナリーオプションはハイとローの2択なので、どんな下手なトレーダーでもまぐれで爆発的にお金が増えることがあります。
ただ、まぐれはそう長く続かない。だから最初から利益を上げているトレーダーと負け歴が長いトレーダーでは凍結基準が変わります。

ハイローオーストラリアで稼ぎ過ぎて口座凍結?凍結メール全部見せます

口座凍結された場合の対処法

サイキックス
サイキックス

利益額が理由の凍結に関しては「基準額をできるだけ伸ばす」ことはできても、最終的な凍結を避けることはできません。
また口座凍結された口座を復活させることは原則できません。凍結された場合は、1人あたり1つのアカウントしか持てないため、再度取引したい場合には別名義のアカウントを用意する必要があります。作る必要があります。

ハイローの本人確認は他の海外FX業者などと比べても厳しく、アカウント本人名義の銀行口座でしか出金をすることができません。よって凍結されるたびに新しい名義が必要になります。

ハイロー凍結理由ランキング 2020年1月〜12月

サイキックス
サイキックス

凍結される理由は、単純に数で言えば「利益額に達したから凍結」がぶっちぎりで一番ですが、今回のは「これをやったら凍結されやすいよ」というのを絞ってランキングにしました。

1位 出金と入金を頻繁に繰り返して凍結

「入金→出金→入金→出金」といったように短期間で利益を引き出すと凍結します。

100万単位で出金をすると高確率で凍結(5000円取引制限)されます。

たまに「ハイローは海外業者なのでこまめに引き出しましょう」みたいなことを言っている人がいますが、完全なる嘘なので気をつけましょう。即凍結されます

凍結までの額を少しでも増やしたいなら、出金しない方が良いでしょう。

私の開発したBOツール「Benefit」をお使いの方で『100〜300万程度の利益しか出ていないのに、口座凍結されてしまった』という方が増えていますが、「出金と入金を繰り返し」が原因のことが多いです。

サイキックス
サイキックス

せっかく勝率が高い手法を使っても、すぐに凍結されて稼げる額が減ってしまったらもったいないので気をつけましょう。

2位 複数端末で同じハイローアカウントにログインして凍結

  • PCでログインしているのに、スマホアプリも開く
  • 自宅のPCでログインしっぱなしの状態で、勤務先のPCでもログインしてしまう

などを行い、ある日突然使えなくなる、または出金ができなくなる事案が報告されています。

私はこのような理由で凍結されることを「IP系の凍結」と呼んでいます。知らないうちにやりがちなのでお気をつけください。

ハイローでIP系の凍結を食らった場合

「IP系の凍結」を食らった場合は、そのまま何も対策しないと新規口座を作ってもすぐ凍結される可能性が高いです。この手の凍結を食らった方は直接サイキックスにご相談ください

3位 バイナリー自動売買ソフトで凍結

Youtubeなどで売られている「質の悪い自動売買」を使って自動売買を行なった場合に凍結される。というのは2018年末から急増しています。

私も自動売買をゼロから作成し、現在運用していますが

開発過程で合計で50台以上口座凍結くらってます。

そのうち10口座は出金できない「強制口座解約」にあっています.

自動売買ソフト自体を作るのは誰でもできますが、『ゼロから安定的に使えて凍結しない自動売買』を作ろうとすると、開発費3000万は下らないと思います。

と言うのも、ハイローは「クリックの軌道」「不審な動作」などがないか等なんらかの独自の基準を設けてユーザーを監視しています。

自動売買をやるなら「ちゃんと凍結について知見があるか」を見極めてないと、ゴミを買うことになります。

サイキックス
サイキックス

去年も「2019年ハイロー最新事情」を出しています。過去の動向も知って将来の仕様変更に備えましょう。

非公開: 【勝率大幅ダウン】2019年最新バイナリー事情|口座凍結、約定拒否、隠しスプレッド

ハイロー2021年最新事情

出金プロセスが厳しくなった

サイキックス
サイキックス

直近のハイローは「出金というプロセス自体が厳しくなっている」という風に感じます。

ハイローは、出金を行う前に必ず手動での「出金審査」を行います。この「審査」が、なかなか曲者で前よりも劇的に厳しくなってます。

普通に取引してれば問題ないものの、今回紹介したことをやって「凍結される事案」が急増しています。

特にランキングで紹介した2位と3位は、出金をする時に「不正な取引」として強制口座解約となり、出金できなくなる場合もあるため、気をつけたほうが良いでしょう。

スプレッド取引(ここ数年で大きな変化なし)

サイキックス
サイキックス

前提としてスプレッド取引(不利な場所でエントリーさせられる代わりにペイアウト率2倍の取引)は通常の取引と比べてペイアウト率を考慮しても割の合わない設定されています。

つまり、下がる勝率に対して上がるペイアウトがショボすぎる
またスプレッド取引はスプレッドが相場のボラティリティ(変動幅)によって毎回変わるため、「正しくバックテストを取ることが不可能に近い」という致命的な欠点がございます。

また、スプレッドを含まずにとったロジック本来の期待値よりも方が大幅に低下してしまうため、推奨しません。

(※スプレッド取引は、そもそも普段使わないため、2021年における実弾による検証をしておりません。最新の情報はご自身にてご確認お願い致します。)

エントリーが不利な条件にされすくなった(スプレッドの拡大)

サイキックス
サイキックス

数年のハイローはスプレッドを拡大を繰り返しています。また同様に約定拒否、エントリー遅延、隠しスプレッドなども増加傾向にあります。

これにより多くのロジックの勝率が下がり、バイナリーオプション取引の難易度がかなり上がっています。

スプレッドに耐え抜き、利益を上げるためには「大きな利幅を狙うロジック」を使う必要があります。

特にオシレーターの逆張り(MACD、RSI、RCI、ストキャスなど)など、バンド系ロジック(ボリンジャーバンド等)などはロジックの性質上、小さい値幅を追うことになりがちのため、ここ数年勝率ダウンの傾向にあります。

ここ数年のバイナリー業者の変化まとめ
  • 口座凍結までの基準が低下(厳重化)
  • スプレッド、隠しスプレッドの拡大
  • エントリー遅延発生率/約定拒否率の上昇

口座凍結に関するよくある質問

口座凍結された場合はどうすれば良いですか?

サイキックス
サイキックス

純粋に利益が基準額まで達して凍結された場合は、凍結(取引制限)を解除することはできません。
最低限の額を残して出金し、5000円以下でサブの口座として回すのが通常の流れとなります。

隠しスプレッドとはなんですか?スプレッドを抑えてハイローで勝てる方法ありますか?

サイキックス
サイキックス

隠しスプレッドとは、「エントリーした時に起こる滑り」のことです。大体通貨ペアや時間帯によって、本当にエントリーする予定だったポイントから滑り(隠しスプレッド)が起こりやすくなったり、大きくなったりします。

スプレッドを抑えてバイナリーで勝つための有効手段としては2つほどございます。
①大きい利幅を抜けるロジックを使う
②スプレッドが高い時間を避ける

①は文字通りでスプレッドが存在することは最初からわかっているんだから、スプレッドを考慮した手法を使うことが重要です。
②ハイローにはスプレッドが高くなる時間帯や期間が存在します。スプレッドが高くなる一番分かりやすい例は「15分ぴったり、1時間の境目(例:16時00分)」の前分58秒〜2秒の間ですね。足がわりエントリー系のロジックは、MT4のチャート上は勝てていても、実際の勝率が下がりやすくなるため、使うのを避けた方が良いでしょう。

出金キャンセルされました。どうすれば良いですか?

サイキックス
サイキックス

100万円以上の出金を行う場合、出金前に一度取引履歴の調査が入ることが多いですが、過去の取引に問題がない場合は正常に出金できます。

複数口座運用は法律的に問題ないのでしょうか?

サイキックス
サイキックス

そもそもとして金融庁に認可されていないのに、バイナリーオプション取引を日本人向けて提供すること自体、本当は禁止されています。(これは海外FX業者も同様)
ハイローアカウントを作るのには、本人確認が必要でお金のやりとりが発生しますが、本質的には「ゲームのアカウント」と同じです。
ヤフオクなどで「レベルが高くてレアキャラをたくさん持っている強いゲームのアカウントをもうゲームを引退するから1万円で売ります」というのがありますね。
ハイローのアカウントを他の人から手に入れるのは、それと同じようなことだと考えています。
専門家にも確認し、全く問題ないと私は考えております。(※私自身は法律の専門家ではなく、あくまで個人の見解です。)

ハイロー凍結まとめ

サイキックス
サイキックス

口座凍結については、眉唾の情報、ネットの記事の情報、私の記事の内容を真似たもので溢れています。
口座凍結の正しい解説ができる人間は残念ながらほとんどいません。なぜならば、何度も凍結を繰り返した人間でないと正しい対処法や知識を人に説明することができないか

バイナリーオプション取引において口座凍結はただの通過点です。
自分の目で相場見れるトレーダーになってガンガン凍結させましょう。それでは、良いバイナリーライフを。

補足

全ての情報はサイキックス の独自調査によるものであり、正確性を保証するものではありません。この情報を元にいかなる行動をされた場合でも完全に自己責任でお願いします。
「エントリー制限型凍結」「強制解約型凍結」と共に「大体こういうことすると凍結され易い」という傾向はあるものの、凍結基準はバイナリー業者が完全に決められており、非公開です。また基準は予告なく変更される場合があります。

2 COMMENTS

木下栄二

初めまして。
勉強になります。
YouTubeの情報を真に受けていました。
質問なのですが、自宅で2台PCを使うことも、止めた方が宜しいですか?
今後の為におうかがいします。
出金のタイミングのコツなどあれば、宜しくお願い致します。

返信する
斉木勇一

モニターとして片方チャートを見る用にMT4を表示させる、片方エントリー用にハイローにログインするという形であれば問題ありませんが、異なるPCで同時接続のログインを行うのは避けた方が良いと、個人的には考えています。
出金のタイミングのコツについては、凍結される額をできるだけ伸ばしたいのであれば、出金のたびにハイローの手動の審査が入るので回数が少なければ少ないほうがよいと考えています。

返信する

斉木勇一 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA