2020年最先端BOツール「Benefit」について

【バイナリー】自動で前日高安と市場ごとに色分けしてくれるインジケーター

この記事は約3分で読めます

サイキックス
サイキックス

今回は「東京、ロンドン、ニューヨーク」市場ごとの時間帯を区切って表示させる「Saikix-HighLow.ex4」を無料配布します

機関投資家目線インジケーターの概要

EUR/USD(ユロル)15分足

Saikix-HighLow.ex4は「市場ごとに区切って色を表示させる機能」に加え、「前日高値安値ライン」を表示できるインジケーターになります。

「どの市場の高値安値が一番意識されているのか」「市場ごとの値動き」が直感的にわかる作りになっております。

サイキックス
サイキックス

動画による解説はこちらから

インジケーターの使い方

EUR/USD(ユロル)1時間足

東京市場「紫」 LDN市場「ピンク」 NY市場「茶色」
黄色線が前日高値安値になります。

前日高値/前日安値はラインとして「有効でない時」と「有効な時」があります。有効なラインの引き方についてはこちらからどうぞ

【ライントレード】絶対にブレイクしない水平線の引き方とは?

各種パラメーター【MT4業者のGMTによって設定】

バージョン情報

参考までにバージョン情報に各市場のオープン時間(日本時間)を記載しておきましたので、ご自身のブローカーのMT4の時間設定に合わせてご利用ください。

初期設定ではGMT+2(日本時間との時差7時間)で上記の冬時間になるように設定しております。

(※XM、FXDD、Axiory、オアンダなどのFX業者の冬時間に合わせています。)

パラメーターの入力

  • 前日高安...前日高値と安値を表示させます
  • 東京オープン…東京市場の開場時間
  • 東京クローズ…東京市場の閉場時間
  • LDNオープン…ロンドン市場の開場時間
  • LDNクローズ..ロンドン市場の閉場時間
  • NYオープン …ニューヨーク市場の開場時間
  • NYクローズ…ニューヨーク市場の閉場時間
  • 色(東京)…東京市場ボックスの色
  • 色(LDN)…ロンドン市場ボックスの色
  • 色(NY)…ニューヨーク市場ボックスの色
  • 表示する日数…ボックスを表示させる日数

前日高安ラインとボックスの非表示

サイキックス
サイキックス

前日高安を「true」から「false」にすること高値安値ラインを非表示にできます。
色設定の箇所を「None」にすることで指定のボックスを非表示にすることができます。

無料ダウンロードはこちらから【MT4】

クリックするとダウンロードサイトに飛びます

パスワード:7373

MT4インジケーターの導入手順
  1. インジケーターをダウンロードし、コピーする(ex4かmq4)
  2. MT4内部フォルダの「Indicator」フォルダを開き、ペーストする(MetaTrader4→MQL4→Indicators)
  3. MT4を再起動する
  4. 右上メニューバー「挿入」→「インディケーター」→「カスタム」→「いれたいインジケーター」を選択し、導入完了

まとめ【時間帯ごとの値動きに着目せよ】

サイキックス
サイキックス

こうみると「EUR/USD」は東京時間が極めて値幅が小さいことがわかりますね。

アジア時間は「ユーロ」と「ドル」に直接的な影響を及ばさないためでしょう。このように市場ごとに色分けすることで「初めて見えてくる景色」があります。

こちらは、特に初心者が「FX市場の仕組み」を学ぶ上で最適なインジケーターです。ぜひご活用くださいませ

サイキックスオリジナルインジケーターなので「ここをこうしてほしい」といった要望や改善点などがあればお気軽にLINEしてください。役に立ったと思ったらブログnoteのサポートをしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA