2020年最先端BOツール「Benefit」について

【FX】レンジ相場4種類を徹底解説|ボックス、P波動、アセンディングトライアングル

この記事は約3分で読めます

サイキックス
サイキックス

レンジ相場での手法と相場環境認識について解説します

レンジ相場の種類

レンジ相場には種類があると考えていて、適切な優位性がある場所がレンジの種類によって異なります。

レンジ相場の種類
  • ボックスレンジ相場
  • 収縮型レンジ相場
  • 拡散型レンジ相場
  • 爆発型レンジ相場

ボックスレンジ相場

ボックスレンジ相場は、一番ベーシックな上限と下限がわかりやすく意識され、その中で価格が推移しているタイプのレンジとなります。

RSIやストキャスティクス等のオシレーターが一番能力を発揮するのは、このボックスレンジ相場です。

このボックスレンジを見るときに大切なのは、

「前の局面が下から来たのか、上から来たのか」
「そもそもどっち優位の状態で作られたレンジなのか」

に着目することです。

ボックスレンジの単純なブレイクアウトに飛び乗っても、騙しが多すぎて勝つことは難しいでしょう。(事実そうしたEAが多くあるが勝てていない)

そのときに、このレンジ内での細かい圧力の見極めができると、エントリーの質を上げることができます。

収縮型レンジ相場

収縮型レンジ相場の特徴
  • P波動
  • 三角保ち合いのような状態(ウェッジ or ペナント)
  • 高値切り下げ、安値切り上げの状態
  • トレンドで発生していたエネルギーが徐々に狭まっていくイメージ

収縮型レンジ相場は、前の段階で作られたトレンドや大きな値動きが落ち着き、収縮していく過程で作られます。

収縮型→ボックスレンジ相場を形成する場合もあります。

収縮型→ボックスレンジ相場の例

拡散型レンジ相場

拡散型レンジ相場の特徴
  • Y波動
  • アセンディングトライアングル
    またはディセンディングトライアングルの状態
  • 高値切り上げ、安値切り下げの状態
  • 上に行くにしても下に行くにしてもストップロス幅が広がってしまい、方向感がないため、損大利小となりやすい相場。

拡散型レンジ相場では、一度トレンドや大きな値動きをつけた後に、圧力が収縮しようとしますが、上も下も方向感がなく、高値切り上げ、安値切り下げを起こし振り回されやすい相場となります。

拡散型レンジ相場を見つけたら、次の局面へ移ろうとする動きが見られるまで私はエントリーしません

爆発型レンジ相場

爆発型レンジ相場では、そのレンジを起点として強いトレンドが発生します。爆発型レンジ相場を見れば「相場が動き出す瞬間」を捉えることができます。

詳しい解説は、ここでは割愛します。

レンジ相場まとめ

サイキックス
サイキックス

レンジは必ずブレイクします。完全にいつブレイクするのかを予測することはできませんが、ある程度それがどんな形で、一旦どれくらい伸びるのか、を予測できたら適切な判断がとれるために、大きなマイナスを回避することができます。

レンジというのは短期間で売り圧と買い圧の勢力図が何度も反転するところであり、トレンドの戦略のまま行くと、ズタボロに負けます。

レンジ相場であってもレンジの種類によって、優位性のあるエントリーができる場所が異なります。

例えば、ボックスレンジ相場であれば上限下限付近が
「買い圧」「売り圧」が強い箇所であり、上限で何度も跳ねて抜けないということであれば「売り圧が強いのだろう」と判断することもできます。

特にバイナリーの場合は、
「圧力がピンポイントでかかる場所」を狙っていく必要があるので、現在のチャートの大枠の圧力がわかっていないとなかなか勝率は上がりません。

レンジの種類に合わせた適切なトレードを選択して、勝率をあげましょう。



2 COMMENTS

ねるね

いつもブログを拝見させて頂いております。
拡散型レンジの時はエントリーしないとのことですがエントリーした後に拡散型レンジになった場合にはどうすれば良いのでしょうか?
お手隙の際にお答えいただければ幸いです

返信する
サイキックス

ねるね様
こちらは恐らく「FXでエントリー後に拡散型レンジ(P波動)になった場合に取るべき行動」についてのことでお間違い無いかと思います。

基本的にFX,先物トレードでの損切りは「自分の描いていたシナリオを否定された場合」に損切りするのが最も理にかなっている行動だと思っており、
「シナリオが完全否定された時」に損切りをするのか
「シナリオが否定されそうだな」くらいで損切りをするのか
というのは自分のトレード手法や資金管理、その時の出来高、ボラティリティにもよるのかなと思います。

よって、エントリー後に「拡散型レンジになったから損切り」ではなく
「拡散型レンジが起きたことによって自分のシナリオにどう影響するか」を考えてみてください
ご参考になれば幸いです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA