2020年最先端BOツール「Benefit」について

【必勝法】バイナリーで100万稼ぐために絶対やってはいけない82のこと

この記事は約5分で読めます

https://xn--eckzdqa0iyd.tokyo/wp-content/uploads/2019/08/sjaos.png
サイキックス

バイナリーに勝つためにやってはいけないことをリスト化しました。以下の100個を何個当てはまったか数えてみましょう!

手法編

1.手法が理にかなっていない
2.手法が最新のものでない
3.手法が言語化できない
4.相場のどの動きを取りに行くのか明確でない
5.売買性質を理解していない
6.時間帯による性質を考慮していない
7.通貨ペアによる性質を考慮していない
8.複数の時間軸を見ていない(MTF分析でない)
9.ボラティリティを考慮していない
10.相場環境を考慮していない

11.スプレッドを考慮していない
12.ローソク足分析をしていない
13.節目となる価格を理解していない
14.バックテストベース(理論値)で勝率60%を下回っている
15.フォワードテストベース(実弾エントリー)で勝率55%を下回っている
16.自分のエントリーポイントにとってのノイズとなる部分を理解していない
17.想定される反発pipsが少ない(オシレーター逆張りが典型的な例)

https://xn--eckzdqa0iyd.tokyo/wp-content/uploads/2019/08/sjaos.png
サイキックス

最低限、手法を言語化できないのは論外。
バックテストの勝率で結果が良くても実戦だとスプレッド、約定遅延等の影響で約5%は勝率が下がると考えておいてください
実弾エントリーの勝率が良くない限り、
いつまでも自分の残高は増えません。

具体的な勝てない手法編

インジケーター編

18.ボリンジャーバンドの逆張りを使っている
19.オシレーターの逆張りを使っている
20.Ku-Chart(クーチャート)を使っている
21.Gmma(ガンマ)を使っている
22.エンベロープを使っている
23.一目均衡表を使っている
24.RD-Comboを使っている(ゴミ of ゴミ)
25.CCIを使っている
26.矢印型のツールを使っている
27.アラートが鳴るタイプのツールを使っている(エントリー遅延が起こる)
28.スキャルピング専用インジケーターを使っている
29:オシレーターを3個以上いれている
30:インジケーターを6つ以上いれている

ライントレード編

31.プライスアクションが何か知らない
32.ZigZagを基準にラインを引いている
33.酒田五法をそのまま使っている
34.トレンドラインの単純な逆張りである
35.キリ番手法を使っている
36.前日高値安値の逆張りをしている
37,ハーモニックパターンを使っている
38.ピッチフォークを使っている
39.ギャングリット、ギャンファン、ギャンスクエアを使っている
40.フィボナッチアーク、アークを使っている
41.ラインをなんのために引くか明確化していない
42.波形の捉え方を明確化していない
43.チャートパターンを鵜呑みにしている
44.ラインブレイクの定義を明確化していない
45.時間軸によるラインの使い分けをしていない
46.ダブルボトム(ダブルトップ)で反発すると思っている
47.トリプルボトム(トリプルトップ)で反発すると思っている
48.無意味な分散エントリー(通貨ペアや時間軸を分けるなど)

その他勝てない手法

49.〇〇論をそのまま手法に当てはめている(例:エリオット波動論)
50.シグナル配信に参加している
51.MT4で人工知能(AI)ツールを使っている(MT4ベースのデータじゃ優位性がないし、99%人工知能なんて使ってない)
52.綺麗なお姉さんに無料で教わった手法である(あれは教わった人が負けるほどバックが入る仕組みになってます。)
53.固定の時間でエントリーする手法を使っている(例: 仲値ゴトー日手法)
54.オープンオーダーを使った手法である
窓埋め手法を使っている

https://xn--eckzdqa0iyd.tokyo/wp-content/uploads/2019/08/sjaos.png
サイキックス

この中の1つは使ったことある人も多いのではないでしょうか。
これらを使ったからといって必ず負けるわけではありませんが、自分で片っ端から検証していって使えないなと判断したもののみ掲載しています。

エントリーポイント編

55.Turbo取引(30秒,60秒,3分,5分取引)を選択している
56.通貨ペアの選択が適当である
57.判定時刻の決め方が相場環境を考慮したものでない
58.無意味なナンピン(連打)
59.無意味な分散エントリー(通貨ペアや時間軸を分けるなど)

取引環境編

60.プラットフォーム(業者)の仕様を理解していない
61.チャートソフト(MT4)についてよく知らない
62.チャートの拡大率が大きい(表示されるローソク足の数が少ない)
63.10年以上前のパソコンを使っている
64.通信エラーが1日1回以上発生する

https://xn--eckzdqa0iyd.tokyo/wp-content/uploads/2019/08/sjaos.png
サイキックス

エントリーポイント編と取引環境編は
一見細かいように見えるかもしれませんが、長期的な収益に大きく差をつけるを与える部分になります

エントリーする以前の問題編

65.エントリー額が全体資産の10%を超えている
66.マーチンゲールを使っている
67.パーレー法(勝ったら2倍ベット)を使っている
68.1日7回を超える過度なエントリー(ポジポジ病)
69.転売機能を使っている
70.スマホをみて取引を行っている
71.なんとなくでのエントリー
72.指標が何時にあるか把握していない
73.何時に市場が開くのかを知らない
74.デモ取引で20回以上検証していない
75.過去のエントリーを記録していない
76.自分は間違っていないと思い込んでしまう
77.手法をコロコロ変える
78.損益分岐点を理解していない
79.「大衆心理」が理解できれば勝てると思っている
80.各指標がチャートに与える影響を理解していない
81.最大連敗数を知らない
82.資産管理のルールを決めていない

https://xn--eckzdqa0iyd.tokyo/wp-content/uploads/2019/08/sjaos.png
サイキックス

このパートは1つでも該当していたら即刻改善した方が良いですし、今すぐにでも改善できる場所です。

まとめ

かなり後半部分はかなり頑張って書いた部分もありますが笑
いかがだったでしょうか?

重要な部分は太線で記入しています。

これらは全てサイキックスが実際に検証し、ブログをきっかけに多くの人のトレードを見てきて気づいたことです。

当てはまっていたからといって必ず負ける訳ではありませんが、
82つのうち1つでも当てはまっている場合は
「ご自身のトレードに改善の余地がある」
思っていただければ幸いです。

また「本気でバイナリーで生活していきたい」と考える方は
「今回一目均衡表はダメだっていっていたけども移動平均線はどうなのか?」
「なんでSaikiは前日高値安値の逆張りを使えないっていっているんだ?」等の次のステップまで考えられるとより良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA