2020年最先端BOツール「Benefit」について

【バイナリー】強いレジサポになる限界運動量の算出法|ライントレード

この記事は約5分で読めます

サイキックス
サイキックス

今回は知った瞬間から使えて即戦力となる「限界運動量」について解説します。FXでの逆張りはもちろんバイナリーでも使えます。

限界運動量とは?

特に重要な指標がない、特にイベントがない日に
大体これくらい動くだろうという「1日の値幅の目安」を表す指標になります。

あまり日本では聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、欧州系のファンドなどでちょくちょく使われているのを聞きます。

限界運動量付近は「抵抗帯及び支持帯」(レジサポゾーン)になりやすい傾向が見られます。

ライントレードと合わせて限界運動量付近で
逆張りに仕掛けると「優位性のあるトレード」をすることが出来ます。

限界運動量の求め方【計算式】

限界運動量の算出方法
限界運動量=実体の始値から終値までのpipsを20日分足して20で割ったもの

20日分のローソク足の実体部分の変動幅を平均化することで、おおよその今日動く幅が予測できる

という極めてシンプルな仕組み

20日というのは大体の為替市場の1ヶ月の営業日からとったものになります。限界運動量は一般的に為替の世界のみに使われます。

ドル円の場合1日150pips以上動いたら大相場ですが、ポンド円では150pips動くことはざらにあり、限界運動量は通貨によって異なりますので、必ず通貨ペアごとに算出する必要があります。

バイナリーでの限界運動量の使い方

限界運動量を使ったエントリー手法

エントリー根拠としての使い方
  • 今日の限界運動量までどれくらいのpipsなのかを確認
  • 限界運動量に相場が達する時間帯を確認(限界運動量に達した時に、今日の全ての市場がクローズするまで何時間程度あるか)

以上の2点戦略を練っていただくと、現在どんな手法を用いられている場合においてもエントリーを行う方向性を絞りやすくはなるかと思います。

限界運動量を裁量トレードで使うメリット

限界運動量はピンポイントでラインとして効くというよりは、抵抗帯ゾーンとして捉えられる傾向があります。

FXの場合は、大きな方向性の捉え方や逆張りをする箇所の目安の補助

バイナリーの場合は、ピンポイントに逆張りするということはしづらいですが、逆張りの優位性の判断に役立ちます。

【ライントレード】絶対にブレイクしない水平線の引き方とは?

限界運動量を用いた裁量トレード手法

限界運動量を用いたトレード手法

①深夜2時〜早朝6時にかけての限界運動量までの距離を見る
②限界運動量を大幅に上回っている状態を確認
③自分の手法の条件を満たし次第逆張りエントリー

限界運動量が有効な時間帯

深夜2時〜早朝6時が限界運動量付近で逆張りをかけやすい時間帯になります。

深夜2時〜早朝6時はニューヨーク市場の後場に当たります。

ニューヨーク市場の後場は、

・1日の市場がクローズする時間までの時間が僅かで、手仕舞いが生まれやすい
・前場と比べると限界運動量を更新するだけの力が前場と比べると入りづらいことが考えられる

という傾向があるためです。

限界運動量が使えない局面

原則として金曜日、特に雇用統計がある日は効きにくい傾向があるのと
直近で大きな影響を与える特大ファンダやフラッシュクラッシュのような急変動などアブノーマルがある月には使えません。

限界運動量を簡単に知る方法

限界運動量を算出できるサイト

https://jp.investing.com/tools/forex-volatility-calculator

Investing.com(インデックスドットコム)というサイトから
限界運動量を算出することが可能です。

こちらは元々「為替(FX)ボラティリティ計算ツール」として
一定週のボラを教えてくれるツールですが、
「4週」と入力することで限界運動量を算出することができます。

参考 FXボラティリティ計算ツールInvesting.com

限界運動量インジケーター【TradingView専用】

サイキックス
サイキックス

当サイトで限界運動量のインジケーターを無料配布していますので、よければどうぞ

【トレビュー】限界運動量と値幅を自動で表示するとインジ配布

限界運動量まとめ

「シンプルな平均を用いた指標」ですので、移動平均線と同じように、そこで必ず反発する、反転するというものではありません。

ですが意識されやすい局面を予め知ることができる点において大きくアドバンテージになり、平均より変動幅が大きく上回った時など「ボラティリティの異変」を意識しやすくなります。

サイキックス
サイキックス

初心者のうちは、チャートを見ていても意味もわからず「毎日が同じことの繰り返し」のように見えてしまいます。

日々限界運動量を意識し、

  • 今日はどれくらい動いたのか?
  • 大きく動いた時に何を起因にして動いたのか?

を考えるだけでも、確実に成長に繋がり、相場認識や大きな捉え方は変わるでしょう。

バイナリーでは細かい部分1つ1つにどれだけ気付けるかが、最終的に大きく結果を変えます。

補足 MQL4の知識がある方へ

サイキックス
サイキックス

MQL4のコードが書け、自分でバックテストを取れる方は自分の手法(逆張りロジック推奨)に限界運動量付近でのみエントリーするフィルターをかけて、かつ時間帯別でバックテストをかけてみてください。大体のロジックで0.3%〜5%程度勝率が上昇することが確認できるかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA