2021年最先端BOツール「Benefit」について

【破産】マーチンゲールとは?勝率上がる?危険性を解説【バイナリー資金管理】

この記事は約7分で読めます

マーチンゲール法は、バイナリーオプションでの人気の資金管理法の1つです。エントリーして負けてしまったときに次回のエントリー額を2倍にする、という単純な仕組みながらも「理論上絶対に負けない必勝法」と言われています。株、FX、先物、仮想通貨でも広く使われる「マーチンゲール戦略」はバイナリーオプションで勝てるのでしょうか。

サイキックス
サイキックス

マーチンゲール法を使うと簡単にお金を溶かすことができます。今回は一度沼にハマると中々抜け出せない「マーチンゲール法」の危険性と負ける理由を解説します。

マーチンゲールとは

マーチンゲール法とは..エントリーして負けてしまったときに次回のエントリー額を2倍にする資金管理法のこ

マーチンゲール法を使った資金管理の具体的な流れは以下の通りです。

マーチンゲール法の手順
①初期エントリー額を設定しエントリーを行う
②負け判定だった場合、初期エントリー額の2倍にする
再度負けた場合、前回から更に2倍にする
③これを勝つまで繰り返し、勝ち判定が出たら最初の投資額に戻しリスタートする

負けるごとにひたすら2倍、4倍、8倍、16倍、32倍、64倍、128倍、256倍…と賭け額を増やしていく「倍プッシュ」戦略です非常にシンプルで世界的に有名な取引手法です。マーチンゲール法はバイナリーオプションだけでなく、カジノなどのギャンブルでも使われている場合も多い取引戦略です。

バイナリーでマーチンを使う危険性

サイキックス
サイキックス

バイナリーで真剣に生活していきたいと考えているのならばマーチンゲール法に使ってはダメです。

多くの初心者がマーチンゲールの恐ろしさや仕組みをロクに理解していないで利用しています。

今回は「ただマーチンってダメだよ!恐ろしいよ!」と頭ごなしに否定するわけではなく、1つ1つ順を追っていてマーチンゲールの仕組みを論理的に解説していきます。

では、今度は具体的にバイナリーでマーチンゲールは何故やってはいけないのか?を解説していきましょう

マーチンゲールが勝てない理由

バイナリー業者のペイアウト率

バイナリーオプション取引を行う際には、全ての業者でペイアウト率(払い戻し率)が設定されています。大手のバイナリー業者 HighLowの場合をあげてみると…

ハイローのペイアウト率 一覧

Turbo取引…30秒:2倍 1分:1.95倍 3分:1.90倍 5分:1.85倍
HighLow取引…15分:1.88倍1時間:1.89倍 1日:1.90倍

要は「エントリーすればするほど手数料がかかる」わけです。

ペイアウト率1.88で 1万円エントリーした場合

勝った場合は8800円増えるが、負けた場合は1万円減る

このペイアウト率のせいで、プレイヤー側はエントリーした時点で不利な状態に立たされています。

バイナリーでマーチンゲールを行うためには、ペイアウト率によって

『単純に2倍プッシュのマーチンだと回数をこなせばこなすほど、利益がペイアウト率のせいで減る』ということが起こります。

よって、バイナリーでマーチンゲールを行う場合は、ペイアウト率を考慮した倍率のベット方法でないといけない。

ペイアウト率1.88(ハイロー15分取引)でマーチンする場合
  • 1回のマーチンで約2.1倍
  • 2回のマーチンで約4.5倍
  • 3回のマーチンで約9.6倍

でエントリー額を増やしていく必要があります。

つまり3マーチンする手法であれば、最低エントリー額である1000円ベットでも9600円以上初期資金がないとこの手法は成立しません。

9600円以上失うリスクを背負うにも関わらず、勝っても880円しか利益を得られない。このことからわかるように損大利小で資金効率がめちゃめちゃ悪いんですね。

ハイロースプレッド取引(2倍取引)を使ったマーチンゲール手法

サイキックス
サイキックス

では、ペイアウト率2倍のスプレッド取引ではマーチンは使っても問題ないのでしょうか?

スプレッド取引(不利な場所でエントリーさせられる代わりにペイアウト率2倍の取引)でマーチンゲールを永遠にやれば、一見無敵そうに見えますが、実際スプレッド取引は面白いくらいに勝て無いようになっています。=スプレッド取引はスプレッドが相場のボラティリティ(変動幅)や出来高により刻一刻と変わるため、期待値が激しく不安定になります。通常のハイロー取引と比べて「約10%勝率が下がる」風に考えた方が良いと思います。

サイキックス
サイキックス

同じ通貨ペアで同じボラでも、業者の気分次第でスプレッドは日によって変化します。

【勝率低下】ハイローオーストラリアのスプレッドがひどい原因と対策法

マーチンゲールを使うと破産確率が上がる

サイキックス
サイキックス

そもそもマーチンゲールというのは構造上、破産確率はうなぎ上りなのに、期待値は一切上がらないという性質があります。

先ほども申し上げたようにマーチンをすればするほど「大きいリスク」を背負うことになり、勝った場合には1回目の利益しか出ない。

マーチンしたところで目先の勝てる確率はもちろん上がるけれども、絶対に勝てる保証はどこにもない

無限にマーチンゲールを行えば理論上は勝率100%ですが、現実には最大エントリー額(ハイローの場合は単発20万 連打500万)や資金の問題で無限にマーチンを続けることはできません。
つまりマーチンが崩壊した場合を考慮しなきゃいけない

マーチンゲールでエントリーした時の期待値

エントリーの条件
  • 手法の勝率は50%とする
  • 1回のエントリー額は1000円
  • ペイアウト率は1.88倍
  • 3回マーチン上限する
サイキックス
サイキックス

この条件をもとにエントリーした場合、最大勝ち額と負け額はいくらになるでしょうか?

最大勝ち額

1000円(エントリー額)×0.88(ペイアウト率)=880円

最大負け額

1000円(エントリー額)×9.6=9600円

3回を上限としたマーチンゲール法を使用とした場合、1回マーチンが崩壊したら、それを取り戻すのには約11回かかります。更に勝率50%で3回を上限とするマーチンゲールだと、12.5%の確率で3連敗します。すなわち「8回に1回は3連敗」が起こります。

バイナリー口座に入っている資金が1万円だと1回破綻、2万円だと2回破綻で退場することになります。

どれだけマーチンゲールが簡単に資金をショート(破産)させてしまうか容易に想像つきますよね。

サイキックス
サイキックス

今回は解説のためにわかりやすく1000円で説明しましたが、実際にバイナリーオプションで生活しようと思ったら 1回1000円エントリーのままで終わるはずがありません。

これを5000円でやったり、1万円でやったり、さらに資金が減るスピードは早くなる。バイナリーで100万や1000万単位のマイナスを出す人がいるのは、これが理由です。

バイナリーで1000万円達成までの資金管理とエントリー額を公開

シグナル配信者やオプザイルがマーチンゲールを推奨する理由

マーチンゲールで勝率アップする仕組み

よく巷のシグナルツール、配信グループで「1マーチン推奨」「2マーチン推奨」といったような設定がされている場合があります。

サイキックス
サイキックス

過去私がお話を伺った方で「300万のツールが入ったUSBメモリを買わされ、中身を開けてみたら3マーチンする手法だった」という話を聞いたことがあります。

シグナル配信やシグナルツール販売している方で無知な初心者に対してマーチンを推奨している人は数え切れないほどいます。何故ならば販売者にとってはこれほど良いまやかしは無いからです。

当然ですが、マーチンをすると「目先の勝率」は上がります。バイナリーの場合、目をつぶってエントリーしてもハイかローしかないので何もしなくても、基本的には勝率50%(2分の1)※になります。

(部分的に見れば5連勝や5連敗することもあるかもしれないが、エントリーの数をこなせばこなすほど50%に近づいていきます。)(※隠しスプレッドや引き分け負けを考慮しないにおいて)

マーチンゲールを使った勝率75%手法

マーチンゲールを使うと1回目で勝つ場合の勝率に加えてマーチンした分を「ドーピング」することができる。

ぱっと見でツールの紹介文で勝率75%とか、90%以上あるって言われると「なんか凄そうだ」と感じてしまう。

結果として現に「300万のツール」買っちゃう人もいらっしゃいます。仮に今マーチンの手法をやっているなら即刻やめることを推奨しますし、シグナル配信に参加しているのなら距離を置いた方が良いでしょう。

すでにたくさんお金を費やしていて「未練がある」場合もあるでしょうが、あなたの将来にとってそれらは何も役に立ちません。それどころか更にお金と時間と労力を無駄にする羽目になります。

マーチンゲール法まとめ

サイキックス
サイキックス

マーチンを行うと、目先の勝率は上がったように見えますが、それはあくまで『一時的なまやかし』にすぎません。資金効率の悪さ、破産確率の爆発的増加、期待値は変化しないことから、実際はあなたを破産へまっしぐらにさせるのがマーチンゲールの正体です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up